11月です。

インフォメーション

フリーダム・コンサルティング㈱

〒227-0043 

神奈川県横浜市青葉区藤が丘2-4-3

 藤が丘会館内

(受付センター)

☎045-972-2001

 

info@freedom-consulting.co.jp

 

年中無休です。

お問合せ・ご質問・ご相談

お電話によるお問合せ

☎ 045-972-2001

メールによるお問合せ

フォームによるお問合せ

受付センター

| 伊豆半島ご紹介       (随時更新)

| 北九州弁(小倉弁)   (随時更新)

業績向上 人材育成 工務店 製造業 飲食業 ナイトラウンジ キャバクラ スナック 食堂 ホテル 旅館 不動産仲介 中古車販売  人材派遣 お菓子卸業 理容美容 紙製品販売業 タクシー業界 売上向上 訪問 コンサルティング 研修 集客 成約 契約 ITシステム システムコーディネート マーケティング プロモーション 人材教育 営業教育 営業部隊強化 ホームページ作成 ちらし作成 個人大工起業 システム構築 営業代行 集客 個人起業 アドバイス

二代目社長

過去のトップページ記事

ここでは、過去にトップページに掲載させていただいた記事および写真をご紹介しています。(ただし、ご紹介開始は2013年6月より)

2013年度(2013年4月~2014年3月)

6月といえば

6月といえば、梅雨入りもあるため、「雨」の感じのする月ですね。

でも、なんといっても「紫陽花」です。歌にも多く使われ、もちろん見る人の目を楽しませてくれる花のひとつでもあります。神奈川県にはご存知「箱根」。そこを走る「箱根登山鉄道」も毎年、『あじさい電車』という観光地ならではのプレートをつけた電車が走ります。中でも夜の「あじさい電車」は、予約制なのですが、登山電車は通勤通学でも使っている人がいるので、沿線の住民のかたはこの時期大変ですね。

7月といえば

7月といえば、例年通り「京都祇園祭り」ですが、毎年記事を載せていますので、今年は、「七夕」で綴ってみたいと思います。七夕といえば、竹笹の枝に色とりどりに飾られる、願いをこめた短冊を思い出します。あとは、牽牛と織女が年に一度逢瀬をはたす物語ですね。天の川をはさんできらめく牽牛星・織女星の物語。いまから2000年前にはすでに中国で成立していた伝説だといわれています。機織りに励んだ天上の織女にちなんで、星に技芸の上達を祈る「乞巧奠(きこうでん)」という宮中行事が生まれ、日本へと伝わりました。日本では奈良時代に宮中の行事としてとりおこなわれるようになりました。もっとも、乞巧奠の伝来以前の日本にも、7月7日にけがれをはらう行事があったといわれています。古事記に記された、天から降り立つ神のために美しい衣を織る棚機女(たなばたつめ)の伝説も、中国の織女の伝説と重なるものがあったはずです。江戸時代になると、七夕は民間に広がり、笹竹に短冊をかざるスタイルも定着しました。

    織姫星と牽牛星のほかにもう1つ、七夕伝説とは関係ありませんが、目立って明るい星が左の方にあります。デネブと呼ばれるはくちょう座の星です。ちなみに、おり姫星は西洋の名前で言うとこと座のベガ、ひこ星はわし座のアルタイル。この2つとデネブを合わせた3つの星は、星々の中でもとくに明るい「1等星」で、つないだ形が三角形のように見えることから夏の大三角と呼ばれています。

 

ちなみに今年の夏の花火大会の日程は、ここに掲載しています。

8月といえば

8月の花といえば、まず思い浮かぶのは何といっても「ひまわり」です。
8月は盛夏の季節。草花も暑さに負けてぐったりとしていることが多い季節ですが、そうした中でもひまわりは元気に花を咲かせています。
ひまわりは向日葵と表記されることがあります。向日葵の言葉どおり、ひまわりはその成長の過程で、太陽の方向に花を向けます。
ひまわりは見て楽しめる花でもあります。 所によってはひまわりの大群生を作り観光地として人気の場所も多くなっています。

ヒマワリは花だけでなく、食用にもなります。特にヒマワリ油は有名で健康に有益な植物油ということで人気があります。
    一般的なひまわりは、高さ3m程度まで成長をします。高さがある草花なので、広範囲に根を広げます。そのため、農家の広い庭先や畑の畔道などに植えられます。また、小学校で理科の一環としてひまわりが育てられることも多いようです。
 一般の家庭では、ひまわりを育てることは難しいのですが、最近では「ミニひまわり」の種子が園芸ショップなどでも販売されています。ミニひまわりは草丈数十センチなので、庭ではなくプランターで育てることも可能です。
 大きなひまわりは、見ていて圧巻ですが一般のご家庭では育てることが難しい。でもミニひまわりならば家庭で育てて観賞することもできます。
    真夏で植物が少ない時期、ひまわりは本当にありがたい存在です。

9月といえば

9月の風物詩といえば、「コスモス」、「秋祭り」、「トンボ」、「彼岸花(曼珠沙華)」などがあがります。季節的にも、すごしやすく観光(行楽)・食欲・芸術・スポーツ・読書 「の秋」と楽しみも色々出来そうですね。日本にはご存知のとおり四季があります。その時々の季節を楽しめるようになれたら、より幸せに暮らせるようになれるのではないでしょうか。それでは、9月を歩いてみましょう。

まずは、星座。夏の大三角型に続いて、秋の四辺形(ペガスス座)で、北極星とカシオペア座がわかれば簡単に見つけられます。ペガスス座のまわりのアンドロメダ座、くじら座、みずがめ座まで見ることが出来れば、「秋の星座マスター」ですね。また、秋の夜と言えば、「中秋の名月(十五夜)」もあります。今年は9月19日だそうです。そして食べ物。「天高く馬肥ゆる秋」です。「秋刀魚(サンマ)」はそのまま焼いて、大根おろしにしょう油をかけて食べるに限ります。果物なら、「柿」ですが、「栗」もいいですね。「栗ご飯」いいですね。野菜は、おイモ(さつまいも)ですね。焼きイモは冬の感じが濃いので、「ふかしイモ」で秋らしく。キノコでは、「松茸」です。また、秋の食べ物として、「銀杏(ぎんなん)」も入れておきたいですね。日本酒のおつまみに合うのです。